Archives by Month:
Archives by Category:
Entry: main  << >>

EUB新仕様

前回の2本のEUBとは少し仕様が変わりました。
ヘッドのインレイ(象眼)は、今までのアバロン(メキシコ貝)から
白蝶貝に、ネックは1ピースからウオールナットをラミネートした5ピースに変更しています。





しばらくはこの仕様で行こうと思っています。
Catergory in 楽器 comments(4) trackbacks(0)
Comment
ザッパー says : at 2008/09/29 2:16 PM
ウォォ〜〜〜〜!!!!めちゃくちゃかっこええ。
 
白蝶貝渋すぎです。
Sim says : at 2008/09/30 10:02 AM
>ザッパーさん
初めまして。
今まではアバロンでインレイしていたのですが、アバロン自体に色の出方や模様にバラつきがありSimの文字面積が非常に少ないこともあって良いところを引き出せていなかったように思います。
白蝶貝だと全体が均一に光を反射してくれるのでウオールナットのヘッドに良くマッチしているのではないかと・・・

今回はネック・ボディーともカーリーの杢がしっかり出ているので高級感を出すために従来のベース色に塗り、ポリッシュ仕上げにしようかと思っています。

今後とも宜しくお願いします。
なべ says : at 2008/10/05 1:44 PM
はじめまして。

名古屋GRACIASにて先日、松永弦楽器工房さんの
エレクトリックアップライトを購入させていただきました。

以前はウッドベースをやってまして、運搬の問題で売却し、他社のエレクトリックアップライトに買い換えましたが
しっくりこなくて、挫折しました。
半年前に試しに弾かせてもらい、

感覚がどこのメーカーのエレクトリックアップライトよりも
ウッドに近く、

購入させていただききました。


演奏が上達しましたら、いずれサム・ポジションの演奏にもとりくみたいので

今後なんですが、体に当たる反対側のフレームとかも追加で取り付けていただきたく、メールさせていただきました。

度々ブログを拝見させていただきます。

このようなエレクトリックアップライトを作っていただき
ありがとうございました!!!
Sim says : at 2008/10/06 10:16 AM
>なべさん

ありがとうございます。

他のメーカーさんの小さく持ち運びが楽でエレキベース
からの持ち替えも違和感がない・・・という方向ではなく、
あくまでwood bassを弾いている方にも十分満足していただけるようなものをという考えで開発してきました。
そこのところを評価いただいて大変嬉しく思います。

それとご指摘の反対側のフレームですが、他の方からもご意見を頂戴しています。
現在ケースの収まり具合や、折りたたみ式にしての取り付け方法などを検討しております。今すぐにというわけにはいきませんが将来的にはオプションで取り付けできるようにしたいと思っています。

今後とも宜しくお願いします。
Leave a Reply








Submit
Trackback